熱中症とその対策について

しながわ鍼灸院

国家資格を有している経験豊富なスタッフがお伺いします!

03-4405-2170

【診療時間】10時〜18時

施術中でお電話に出られない場合がございます。
その場合は、折返しお電話をさせていただきます。

ブログ

2019/07/29 熱中症とその対策について

みなさま、おはようございます。

しながわ鍼灸院、松田です。

 

やっと夏らしい気候になってまいりましたね♪( ´▽`)

 

かなり高温になりそうなので熱中症対策はしっかりとりましょうね!

 

 

熱中症とは?

熱中症を引き起こす条件は、「環境」「からだ」「行動」によるものが考えられます。
「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。
その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。

人間の身体は、平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる仕組みとなっており、体温調節が自然と行われます

熱中症は炎天下だけではない

熱中症は炎天下特有のものではなく、湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性があります。温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、風がない、急に暑くなったなど、体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況にあるときは、どんな時、どんな場所でも注意が必要です。

 

カリウムが不足すると細胞内が脱水症状に

汗をかくことでカリウムも失われています。カリウムは細胞内液に多く含まれており、失われると細胞内が脱水症状に。細胞内脱水は熱中症になってしまった際の回復に影響を与えます。ナトリウムを排出する働きのあるカリウムですが、汗をかいた時は実は意識して摂りたい栄養素のひとつなのです。海草類や果物、豆類などに多く含まれています。

 

 

涼しい環境と冷却がポイント

室内では無理はせず、扇風機やクーラーを活用し、適度な気温、湿度を保ちましょう。もし外出先などで体調に異常を感じたら、風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内へ。きついベルトやネクタイはゆるめ風通しを良くし、体からの熱の放散を助けます。皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぎ、体を冷やすのも方法の一つです。いかに早く体温を下げることができるかが悪化させないポイントです。

ポイントはワキの下、鼠径部、前頚部を冷やす事です。理由はそれらの部位は動脈が通過しているからです。

 

水だけでなく塩分も補給

一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を引き起こすことも。水分補給をする時には、あわせて塩分の補給も行いましょう。水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液、また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用(おしっこの排泄が促進される作用)があるため要注意です。

ミネラル入りむぎ茶がおすすめです

熱中症対策に「ミネラル入り麦茶」が効果的という研究結果がでてます。従来から言われている体温降下効果だけでなく、血液をサラサラにする効果も報告されています。医薬品ではなく一般食品のため効果は緩やかですが、刺激物であるカフェインも含まないため、誰でも安心して飲める夏にピッタリの飲料です。

 

 

熱中症対策いかがでしたでしょうか??

 

まず出来ることはこまめに水分と塩分、ミネラルを摂取することですね!

 

皆様も体調管理をしっかり行い、今週も頑張っていきましょう!

 

品川付近の方でなにかお身体のことでお困りのことがありましたら、いつでもご相談くださいね(^O^)